いつでも発展途上

ITとゲーム漬けのシャチ。とくにブログのテーマはなく、メモ代わりに書いています。休眠気味。

コード行を数えてみた

最近、自分の生産性を測るためにこれまで書いてきたコードの行数を聞かれる機会があった。自分はこれまでそのような観点で生産性の計測を行ったことがなく、プロジェクト内でコードの行数を数える機会もなかったため、すごく戸惑った。
で、最近たまたま「ソフトウェア見積り 人月の暗黙知を解き明かす」を読んだところ、コード行による見積りがベストではないがベターな手法として使われており、あぁ、コードの行数ってまだ意識すべき要素なんだなー、とか漠然と思ったりしたのだった。
なので、せっかくだから自分の書いたコードの行数を数えてみた。サンプルはつい最近経験した ASP.NET (VB.NET) のプロジェクト。開発期間は5ヶ月。行数カウントツールは「Blue Step Counter」を使用させてもらった。
すると以下のような感じになった。(下2桁は落としています)

総数 22,600 行
実行 13,900 行 (62%)
コメント 5,900 行 (26%)
空白 2,700 行 (12%)
72ファイル

14,000行。こんな感じなのかぁ。コメントが思ったより少なくてちょっと驚き。山盛り書いたつもりだったんだけど…今後の参考にしようっと。