読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DevLOVE HangarFlight Ruby編「あなたの話が聞きたい。」のこと

きょうから RubyKaigi ですね。行かれる方はお気をつけて。
さて、去る7月6日に RubyKaigi Advent Calendar の一部として DevLOVE HangarFlight - Ruby編「あなたの話が聞きたい。」 を開催しました。詳細はリンク先の DevLOVE 公式ブログを見ていただくとして、ここでは開催に至るまでの経緯とかを書いてみようとおもいます。

はじまり

  • 1月ごろに @bash0C7 さんから RubyKaigi Advent Calendar を DevLOVE でやりたい!というお話があった
  • でも、@bash0C7 さんは RubyKaigi の準備でいそがしい
  • DevLOVE の人だれかやらない?
  • ・・・(手を挙げる)!
  • それじゃ @kakutani さんに紹介するよ

という流れがあって、今年のデブサミでたどたどしい挨拶を @kakutani さんにしつつ、こんなことをやりたいですという話をしたような気がします。はっきりいって緊張しすぎて何を話したか覚えていないのですが、大筋では最終的なイベント内容とずれていなかったような気がします。
たぶん自分の思いとしては、好きな Ruby4tate した人の話が聞きたかったのでした。

わたわた

自分のはっきりしない思いが形になるまでは、わたしの力不足もあり、かなり時間がかかりました。なんとか最終的には extreme なダブルイベント開催となりましたが、6月に入るころは本当に開催できるのか、プレッシャーで気が気ではなかったのを覚えています。w
ダブルイベントの先輩はこちらです。DevLOVE Birthday! 〜RubyKaigiの帰り道に生まれしもの〜
わたしが余りにもワタワタしていたためか @DiscoveryCoach さんが会場やスピーカの手配、ダイアログファシリテーターとしてのご参加など大幅に手助けしてくださり、@bash0C7 さん、@papanda さんにも助けられつつなんとかアウトラインをつくっていけました。みなさん、ありがとうございます。わたしの人生のほとんどは他人の手助けでできています。
ただ、最初にこのイベントの開催でご相談させていただいた @yotii23 さんには、なかなかまとまらずご迷惑をかけてしまいました…。うまく進められなくてごめんなさい。
また、@changeworlds さんにはわたしが Redmine プラグインをつくったときの話が聞きたい!とお願いした際、いろいろと貴重なアドバイスをいただきました。それは彼の講演にもあった「非忠誠の誓い」にもつながる内容でした。あれがなかったら、いろいろな人の話を聞きたいというわたしの思いは折れていたかもしれません。大きな感謝を。
それから、懲りずに見守ってくれたわたしの家族に、最大の感謝をおくります。

かいさい

そんなわけで(どんなわけで)さまざまな方の手助けがあって無事に開催されたわけですが、もう録画の手配ができなかったことが残念でたまらないぐらい素晴らしい内容でした。こうなると、ビデオカメラが欲しくなりますね(!)。ぜんぶの方に謝辞を書きたいのですが時間が・・・!!ひとまず今日はここまで。